〒270-0152
千葉県流山市前平井125-1
サニーヴィータ0001号室

流山セントラルパーク駅のとおる歯科あやの矯正歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

新患・急患随時受付中!TEL:04-7157-1182

予防歯科
-Preventive dentistry-

HOME»  予防歯科

治療:Cureから予防:Careへ

ずっと自分の歯を使っていけるよう歯の健康を維持する為には、むし歯や歯周病にならないよう予防することが大切です。
むし歯治療ではむし歯になっている部分を削りますが、1度削ってしまったものは元には戻りません。治療を繰り返していくと将来的には歯が小さくなり、抜歯のリスクも高まります。
一方、歯周病はお口の中の歯周病菌によって発病しますので、正しい歯磨きと歯科医による定期的なケアが有効です。歯周病菌は動脈硬化や糖尿病などの全身疾患との関連性もあるとされていますので、あなどれません。

むし歯や歯周病は治療が終わったらそれでおしまいではありません。さらなるむし歯や歯周病をつくらないため、予防歯科が大切です。症状が起こってから歯科医院に行くのではなく、定期的に歯科医院で健診を受けることで、大切な歯を守ることが最も効果的な歯の健康法と言えます。

定期健診の重要性とは?


自宅でのデンタルケアのみだとどうしても歯の磨き残しが出てしまい、歯垢(プラーク)や歯石が発生し、むし歯や歯周病を引き起こします。当院で定期的に歯科医院での専門的なデンタルケアを行いませんか?

定期健診をしていれば、むし歯が見つかっても早い段階で治療でき、歯の負担が少なくて済みます。むし歯や歯周病は痛くなったときにはかなり進行していることが多い為、痛くなる前に未然に防ぐことが大切です。そのためには定期健診が必要なのです。

健診では歯の状態のチェックや歯磨きの指導を行うとともに、「フッ素塗布」、「PMTC」(Professional Mechanical Tooth Cleaningの略。専用器具による歯のクリーニングのこと)などの専門的なデンタルケアを行っています。1人1人の状況に合わせて、年に3~4回をおすすめしています。

予防歯科のメリット

メリット1病気予防ができる

定期健診でお口の中をチェックすることでむし歯や歯周病の予防になります。
大切なご自分の歯をいつまでも健康に維持できます。

メリット2治療の費用・時間を減らせる

むし歯などになったとしても、早期に対処できれば治療も簡単に済み、時間も費用もかかりません。

メリット3お口の中がスッキリする

定期的に歯のクリーニングを行って歯垢(プラーク)や歯石を取り除くことで、むし歯や歯周病を予防できるだけでなく、お口の中がスッキリとして爽快感を味わえます。

フッ素塗布とは?

「フッ素塗布」とは歯の表面に歯を強くする働きを持つフッ素を塗る治療のこと。定期健診の際に行い、むし歯予防や初期むし歯の治療に効果的です。歯に塗布するだけなので痛みもなく、歯科治療が苦手な方でも安心です。

フッ素塗布はお子様からお年寄りまで、すべての方が受けられます。乳歯が生えだす1歳前後から行うことが可能です。
生え始めの乳歯、永久歯はむし歯になりやすく、進行も早い為、早めの塗布が肝心です。
成人の方の場合、忙しい生活リズムの中で歯磨きをしっかり行う機会が少なくなり、むし歯や歯周病のリスクが上がります。特に部分入れ歯や矯正器具によって磨き残しが起こるとさらにリスクは上がるでしょう。

当院では、フッ素塗布は無料で行っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

PMTCとは?

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)とは、専門の知識を持った歯科衛生士が専用の道具を使って歯をクリーニングする方法です。毎日きちんと磨いているつもりでも、ご自宅の歯みがきでは歯ブラシの届きにくい場所には 歯垢(プラーク)や歯石が溜まってしまいます。PMTCを定期的に行うことで、むし歯や歯周病などの病気の予防や歯質の改善・強化とともに、タバコのヤニ、紅茶の色素などの歯の着色を除去し光沢のあるきれいな歯を保つ、などの効果があります。3ヶ月に1回程度をおすすめしております。


  • 1.お口の中をチェックします。

  • 2.専用の器具を使って清掃します。

  • 3.歯の表面を綺麗に磨きます。

年齢別の予防歯科

健康な自分の歯に勝るものはありません。適切な治療を行って、自分の歯を長く使っていくことが大切です。
その上で知っていただきたいのが、予防歯科は年齢別に内容が異なるという点です。
下記を参考に自分と家族のお口の健康を守っていきましょう。また、年齢を問わず、定期健診を行っていくことが大切です。

乳幼児期(0~6歳)

赤ちゃんの歯は生まれた時には見えませんが顎の中に隠れており、生後6ヶ月ほどに乳歯が生えはじめます。
上下左右あわせて20本が2歳半くらいまでに生えそろいます。この頃からすでにむし歯になる可能性があります。

この時期の予防歯科は?
  • 歯磨き
    生え始めは、清潔なガーゼや綿棒で歯の汚れをふき取るようにします。2歳ごろから子どもに自分で歯磨きをさせてみましょう。
    仕上げ磨きは保護者の方がしてあげください。歯磨きをしてから寝かせるという習慣をつくると良いでしょう。
  • 家族もしっかりむし歯治療
    本来、むし歯菌を持っていない乳幼児がなぜむし歯になるかというと、むし歯になった経験のある家族と同じフォークやスプーンを使ったり、口移しで食べ物をあげたりすることでむし歯菌が口の中に入り込むことが原因です。
    家族も歯磨きを丁寧に行い、むし歯治療を行う必要があります。
  • フッ素塗布
    歯の表面にフッ素を塗る治療は、乳歯が生えだす1歳前後から行うことが可能です。

学童期(6~12歳)

12歳頃までに乳歯は永久歯へと生え変わります。出たての永久歯はまだ抵抗力が弱いため、むし歯になりがちです。
また、生え変わりの時期なので歯並びがデコボコで、磨き残しができやすい状態です。丁寧な歯磨きをさせるようにしましょう。

この時期の予防歯科は?
  • 歯磨き
    徐々にひとりで歯磨きができるようになります。状況に応じて、仕上げ磨きをしてあげましょう。
  • フッ素塗布
    フッ素塗布を定期健診に併せて行うことをおすすめします。

思春期(12~20歳)

ホルモンの変化によって、歯茎の腫れ(歯肉炎)や出血が起こるようになります。
初期では痛みもないため軽視されがちですが、放っておくと歯周病を引き起こしてしまいます。
歯磨きを徹底して行い、虫歯予防と歯周病予防を行います。定期健診を受けることも重要です。

この時期の予防歯科は?
  • 歯磨き
    勉強や部活動などで忙しくなってくるため、歯磨きがおろそかになりやすい時期です。あまり大きすぎない歯ブラシを選び、細かく動かしながらしっかりと歯を磨きましょう。
    通常の歯磨きだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使うことも大切です。
  • フッ素塗布
    歯の表面に、歯を強くする働きのあるフッ素を塗る治療を継続的に行うのも効果的です。

成人期(20~40歳)

お手入れが行き届かないと、むし歯や歯周病がますます悪化します。特に成人期になると歯周病が急増していきます。
歯磨きで歯垢を取り除き、歯石を作らせないようにしましょう。むし歯予防のためにも歯磨きをしっかり行ってください。

この時期の予防歯科は?
  • 歯磨き
    仕事などで忙しく気になることがあっても歯科医院に通う時間をとれず、歯磨きもおろそかになりがちです。
    通常の歯磨きをしっかりと行うとともに、デンタルフロスや歯間ブラシを使うことも大切です。1日2回は歯を磨きましょう。
  • フッ素塗布
    タバコやコーヒー、紅茶がお好きな方はフッ素塗布だけでなく、3ヶ月に1度、PMTCをすることもおすすめです。

壮年期(40~60歳まで)

歯茎がさがり、歯と歯の間も隙間が広くなり、歯周ポケットも深くなっていく傾向にあります。
歯周病は40歳以上の歯を失う主な原因です。全身の健康にも影響するため、きちんと予防しましょう。

この時期の予防歯科は?
  • 歯磨き
    働き盛りの年齢はゆっくり歯磨きをする時間もとりにくくおろそかになりがちですが、歯ブラシとデンタルフロスや歯間ブラシを使って、差し歯や詰め物のある歯の周りは特に丁寧にブラッシングしましょう。
  • フッ素塗布
    歯の表面に、歯を強くする働きのあるフッ素を塗る治療を継続的に行うのも効果的です。

老人期(60歳以降)

治療が行き届かず、歯を失ってしまい、入れ歯やインプラントを利用する方が増えてきます。
また、なんらかの疾患で治療薬を服用する方も増え、唾液の分泌量減少によりむし歯や歯周病が進行しやすくなります。
喉や舌の動きが悪くなることで細菌を含んだ唾液や食物などが気管から肺に流れこむ「嚥下性肺炎」も起こりえます。

この時期の予防歯科は?
  • 歯磨き
    入れ歯やインプラントの装着箇所のすき間に汚れがたまりやすくなっています。歯茎との境目なども丁寧に磨きましょう。
  • 入れ歯の清掃
    入れ歯にも食べカスが付着し、それが原因で歯周病になるおそれもあります。
  • フッ素塗布
    いくつになってもフッ素塗布は大切です。健康的な歯を維持するためにも定期的に行いましょう。

妊婦

妊娠中はお口のトラブルが起こりやすい時期です。女性ホルモンの分泌が増えるため、歯周病になりやすくなります。
妊娠中に歯周病になっていることで低体重児または早産のリスクが7倍というデータがあります。(※日本臨床歯周病学会発表)
これはアルコールやタバコより高い数字であり、軽視できません。お母さんの歯の健康を守りましょう。当院では妊婦さんの歯科健診も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

この時期の予防歯科は?
  • 歯磨き
    つわりによって歯磨きがつらくなることもあるかもしれません。歯ブラシを小さいものに変えるといいでしょう。
    歯磨き粉をつけないで歯磨きすることでつわりが起こらない方もいるようです。工夫をしてみましょう。
  • 歯科治療は妊娠前か妊娠中期にする
    胎児への影響が出る場合があるため、薬の使用は避けなくてはいけません。
    親知らずや悪化して穴のあいた状態のむし歯などは、事前に治療をしておきましょう。
    もしくはつわりがおさまる妊娠中期にご来院ください。
  • フッ素塗布
    妊婦さんの歯科健診と一緒にフッ素塗布をおすすめします。
PAGE TOP