〒270-0152
千葉県流山市前平井125-1
サニーヴィータ0001号室

流山セントラルパーク駅のとおる歯科あやの矯正歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

新患・急患随時受付中!TEL:04-7157-1182

入れ歯(義歯)
-False teeth-

HOME»  入れ歯(義歯)

ぴったりの入れ歯を作ります

歯茎に当たって痛い、ぴったりと合わず上手く噛めない、笑った時やあくびをした時などに入れ歯が落ちそうになる。
入れ歯はそういった違和感があって当然だ、入れ歯なのだから仕方がないなどと思い込んでいませんか?
とおる歯科あやの矯正歯科では違和感のない、ご満足いただける、あなたに合った入れ歯をお作りします。

歯が抜けたまま放置しておくと、残った歯に対する負担が大きくなり、歯周病やむし歯を招きかねません。
噛み合わせがおかしくなり、頭痛や腰痛、肩こりなど、全身に幅広い悪影響をもたらすこともあるでしょう。
入れ歯を作ることを躊躇する方もいるかもしれませんが、正しく理解することが大切です。

当院では保険適用の入れ歯から、自費で作れる素材を選べる入れ歯まで、様々な入れ歯をご提供しております。
まずはご相談ください。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリットとデメリットを知り、入れ歯が必要かどうかを検討しましょう。

メリット デメリット
  • 取りはずしができるので、清掃しやすい
  • 自分の歯で噛めるという自信につながる
  • しっかりと噛むことで全身の健康にも影響する
    (脳の働きもよくなり、ボケ防止になる など)
  • 正確な型取りができていないと、口内に違和感がある、しゃべりにくいことがある
  • 味覚や温度への敏感さが薄れる場合がある
  • 年齢を感じさせてしまう

入れ歯の種類

入れ歯には「部分入れ歯」と「総入れ歯」があります。また、入れ歯には複数の種類があります。主な違いは使用している材料であり、皆様のご希望にあわせて、どの入れ歯があっているのかご提案致します。

総入れ歯

歯を全て失っている状態に適用します。

レジン床

皆様が想像される一般的な入れ歯がこちらです。
歯茎に接する部分はレジンプラスチックを使用しています。保険が適用されるため、費用を抑えてお作りすることが可能です。
入れ歯に厚みがあり、発音がしづらいことがあります。

金属床

歯茎に接する部分は金属でできている入れ歯です。レジン床と比較して、とても薄く、お口にフィットします。
そのため、発音もしやすく、装着時の違和感はほとんどありません。
金属を使用しているため、食事の際の温度を感じやすくなることもメリットのひとつです。

部分入れ歯

歯が数本、部分的に抜けてしまっている状態に適用します。残っている歯を利用して、入れ歯を固定します。

クラスプ義歯

保険の適用の入れ歯です。
レジンプラスチックを使用しています。入れ歯を支えるために、残っている歯に「クラスプ」と呼ばれる金属のバネを引っ掛けて固定します。
取り外しが簡単なので手入れが気軽にでき、歯と歯肉の間に食べ物のカスや汚れが残る心配がありません。
しかし、バネが見えるため、見た目を気にされる方にはあまりおすすめではありません。

ノンクラスプデンチャー

金属のクラスプ(バネ)を使用しない入れ歯です。
歯茎と同じピンク色の特殊な樹脂を使用しているため、金属部分が目立つということはなく、義歯と気づかれにくく審美性に長けています。
また、軽くて丈夫な素材のため、痛みにくく、ご自身の歯に負担が少ないという点もメリットです。
残っている歯の状態により使用できない場合がありますが、見た目を重視する方や金属アレルギーの方にはおすすめです。

保険と自費の違い

入れ歯には保険適用のもの、自費で作成できるもの、様々な種類の中からお選びいただけます。

  保険 自費
金額 安価 高価
素材 レジン(歯科用のプラスチック)に限定される
※金属アレルギーが出る可能性がある
レジン以外にも、セラミックや金属などお好みの素材を選ぶことができる
熱伝導がよく、より食事を楽しめる
耐久性 壊れやすい
ただし、壊れたらすぐ直すことができる
耐久性に優れている
ただし、壊れた場合の修理に時間がかかる
装着感 厚みがあり、フィット感はよくない 保険より細かい調整がしやすいので、装着感が自然
審美性 歯の色など指定のものから近いものを選ぶため、審美性で劣ることがある 審美性は高い。見た目が自然
PAGE TOP